コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勅勒の歌 ちょくろくのうた

世界大百科事典 第2版の解説

ちょくろくのうた【勅勒の歌】

中国,南北朝時代における北方の代表的民歌の一つで,北方の草原地帯の雄大な風物を飾りなくうたった作品。北斉の斛律金(こくりつきん)(488‐567)が高歓の命でこの歌をうたい士気を鼓舞したとされる。民歌が軍歌に取り入れられていたのであろう。もと鮮卑語であった作品を漢訳したものが《楽府(がふ)詩集》巻八十六に収められている。〈勅勒の川 陰山の下(ふもと) 天は穹廬(きゆうろ)に似て 四野を籠蓋(ろうがい)す 天は蒼蒼たり 野は茫茫たり 風吹き草低(た)れて牛羊を見る〉。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の勅勒の歌の言及

【中国文学】より

…北朝の歌謡には北西の異民族から取り入れられたものがあった。6世紀に北斉の軍中でうたわれたという《勅勒(ちよくろく)の歌》の原文はたぶんトルコ語で,今は漢訳だけが伝わるのだが,北方の草原の風景をうたった古今の絶唱である。これら歌謡は文人の詩歌の源泉ともなって,彼らの情操を養った。…

※「勅勒の歌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android