コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勅勒の歌 ちょくろくのうた

1件 の用語解説(勅勒の歌の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ちょくろくのうた【勅勒の歌】

中国,南北朝時代における北方の代表的民歌の一つで,北方の草原地帯の雄大な風物を飾りなくうたった作品。北斉の斛律金(こくりつきん)(488‐567)が高歓の命でこの歌をうたい士気を鼓舞したとされる。民歌が軍歌に取り入れられていたのであろう。もと鮮卑語であった作品を漢訳したものが《楽府(がふ)詩集》巻八十六に収められている。〈勅勒の川 陰山の下(ふもと) 天は穹廬(きゆうろ)に似て 四野を籠蓋(ろうがい)す 天は蒼蒼たり 野は茫茫たり 風吹き草低(た)れて牛羊を見る〉。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の勅勒の歌の言及

【中国文学】より

…北朝の歌謡には北西の異民族から取り入れられたものがあった。6世紀に北斉の軍中でうたわれたという《勅勒(ちよくろく)の歌》の原文はたぶんトルコ語で,今は漢訳だけが伝わるのだが,北方の草原の風景をうたった古今の絶唱である。これら歌謡は文人の詩歌の源泉ともなって,彼らの情操を養った。…

※「勅勒の歌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

勅勒の歌の関連キーワード玄学高車都統南北朝時代北朝魏晋南北朝時代胡楽おけさ節おばこ節相良長氏

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone