茫茫(読み)ボウボウ

デジタル大辞泉「茫茫」の解説

ぼう‐ぼう〔バウバウ〕【××茫】

[ト・タル][文][形動タリ]
広々としてはるかなさま。「茫茫とした大海原」「茫茫たる砂漠」
ぼんやりかすんではっきりしないさま。「茫茫たる記憶」
「―と暗路やみじに物を探るごとく」〈露伴五重塔
草・髪などが伸びて乱れているさま。「茫茫たる草むら」「髪の毛を茫茫とさせる」
波や風の音が激しいさま。
「岸うつなみも―たり」〈平家・一〇〉
[類語](1悠悠渺渺広い広やか広大広壮広闊こうかつ開豁かいかつ広漠空漠茫漠渺茫びょうぼう茫洋洋洋だだっ広い幅広はばびろワイド広角広広漠漠豁然かつぜん広域空闊くうかつ蒼茫浩浩広大無辺無辺無辺際一望千里果てし無い手広い/(2ぼんやりぼうっとぼうぼやっとぼけっとぽっとぼさぼさきょとんぽかんぽかりもやもやおぼろおぼろげ不鮮明不明瞭朦朧もうろう模糊もこ茫漠ぼうばくばく漠然ばくぜん不詳未詳未知未確認迷宮入りなんとなくなんだかそこはかとないほんのりなんとはなしどことなくそれとなしに心なしなにかしら思いなしかほのかぼやける雲をつかむ不確か曖昧曖昧模糊ファジー茫乎ぼうこ漠漠/(3ぼさぼさ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android