コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勅答 チョクトウ

デジタル大辞泉の解説

ちょく‐とう〔‐タフ〕【勅答】

[名](スル)
天子が臣下に答えること。また、その答え。
臣下天子の問いに答えること。また、その答え。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちょくとう【勅答】

( 名 ) スル
天皇が臣下に答えること。
臣下が天皇の問いに答えること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の勅答の言及

【ローマ法】より

… 古典期の法形成は,また元首の発する勅法によっても行われた。すなわち,元首は政務官権限保持者として共和政におけると同じく一般的事項につき告示を発したほか,訓令(元首の官吏に対する内務的指示の形をとるが,一般的効力を持ち私人も引用しうる),勅答(官吏・私人より元首に提出された具体的法問題に対する解答で,当該事件のみならず将来にも拘束力を有する),勅裁(元首の面前での審理ののち発せられる裁判の判決)などにより皇帝による法形成が行われた。とくに,裁判における職権審理手続の導入と関連して,従来の市民法,名誉法とは異なる法的保護を開き(厳格な遺贈の形式をふむ必要のない信託遺贈はその代表例),法学や元老院議決によってさらにそれらが展開された。…

※「勅答」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

勅答の関連キーワードピューリタン革命/権利請願藤原佐世勅答使橘広相天皇

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android