勅答(読み)チョクトウ

デジタル大辞泉の解説

ちょく‐とう〔‐タフ〕【勅答】

[名](スル)
天子が臣下に答えること。また、その答え。
臣下天子の問いに答えること。また、その答え。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちょくとう【勅答】

( 名 ) スル
天皇が臣下に答えること。
臣下が天皇の問いに答えること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ちょく‐とう ‥タフ【勅答】

〘名〙
① 天子が臣下に答えること。また、その答え。
※貞信公記‐抄・天慶九年(946)六月二〇日「使備前守重上関白。義方朝臣来賜勅答」 〔南史‐蕭子雲〕
② 臣下が天子の問いに答えること。また、その答え。
※平治(1220頃か)上「使をもって、御位をゆづるべき由を仰せられたりけるに、許由つゐに勅答をだに申さず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の勅答の言及

【ローマ法】より

… 古典期の法形成は,また元首の発する勅法によっても行われた。すなわち,元首は政務官権限保持者として共和政におけると同じく一般的事項につき告示を発したほか,訓令(元首の官吏に対する内務的指示の形をとるが,一般的効力を持ち私人も引用しうる),勅答(官吏・私人より元首に提出された具体的法問題に対する解答で,当該事件のみならず将来にも拘束力を有する),勅裁(元首の面前での審理ののち発せられる裁判の判決)などにより皇帝による法形成が行われた。とくに,裁判における職権審理手続の導入と関連して,従来の市民法,名誉法とは異なる法的保護を開き(厳格な遺贈の形式をふむ必要のない信託遺贈はその代表例),法学や元老院議決によってさらにそれらが展開された。…

※「勅答」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

勅答の関連情報