コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貞信公記 ていしんこうき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

貞信公記
ていしんこうき

貞信公御記』『貞御記』『貞公記』『貞記』ともいう。平安時代中期の貴族政治家藤原忠平の日記。忠平は,死後,貞信公とされたので,この名がつけられた。原本具注暦 (ぐちゅうれき) に書込まれていたものらしいが,伝わっていない。現在知られる記事は,子の実頼が原本から重要事項を抜書きした『貞信公記抄』の古写本と,諸書に引用された日記の部分とから,延喜7 (907) 年から天暦2 (948) 年までのものが知られている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

貞信公記【ていしんこうき】

太政(だいじょう)大臣藤原忠平(ただひら)の日記。書名は忠平の(おくりな)にちなむ。現存するのは《貞信公御記抄(ぎょきしょう)》という抄出本で,《貞信公記》の本文そのものを伝えるものは知られていない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ていしんこうき【貞信公記】

太政大臣藤原忠平の日記。書名は忠平の諡号(しごう)にもとづく。今日伝わるのは《貞信公御記抄》と題する抄出本であり,《貞信公記》の本文をそのまま伝える正記の存在は知られていない。《九暦》などとともに10世紀初頭の数少ない日記として貴重。天理図書館に鎌倉時代初期書写の《貞信公御記抄》が伝わる。これはもと20巻あったことが知られるが,今は907年(延喜7)より948年(天暦2)のうちの10巻分を残すのみ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ていしんこうき【貞信公記】

藤原忠平の日記。現存は一〇巻。907年から948年に至る分が抄本として残る。承平・天慶の乱を伝える史料。現存する平安貴族の最古の日記。貞公記。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

貞信公記
ていしんこうき

平安時代の公卿(くぎょう)の日記。筆者は関白太政(だいじょう)大臣藤原忠平(ただひら)。諡(おくりな)の貞信公によりこの称がある。原形はいまはなく、現存のものは『貞信公記抄』であり、907年(延喜7)から948年(天暦2)にわたる。抄本は忠平の子実頼(さねより)(小野宮(おののみや))によってつくられたという。『後二条師通(ごにじょうもろみち)記』に、『貞信公記』が「小野宮抄出」と書かれていることも、その証拠である。本記がなく、抄出本のみであることが遺憾であるが、朱雀(すざく)天皇時代の摂関政治発展と確立の時勢、とくに承平(じょうへい)・天慶(てんぎょう)の乱に関して知ることができる貴重な資料。天理図書館所蔵の九条(くじょう)家本が唯一の古写本で、鎌倉初期の書写。『大日本古記録』に収められ、複製本に「天理図書館善本叢書(そうしょ)」がある。[山中 裕]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の貞信公記の言及

【藤原忠平】より

…しかし朝儀・故実に明るく,彼の説は子息らに継承され,後世の規範となった。日記《貞信公記》は907‐948年(延喜7‐天暦2)の抄本が伝わり,貴重な史料である。彼の口伝・教命を伝える《貞信公教命》は現存しない。…

※「貞信公記」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

貞信公記の関連キーワード大日本古記録藤原褒子太政大臣花山院小野宮西宮記山中太政抄本天慶最古承平史料

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android