コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

動潮 どうちょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

動潮 どうちょう

1709-1796* 江戸時代中期の僧。
宝永6年生まれ。真言宗。京都智積院でまなぶ。醍醐(だいご)寺の実雅から報恩院(幸心)流,仁和(にんな)寺の宥証(ゆうしょう)から伝法院流をうける。江戸真福寺住職をへて,安永2年智積院22世。智山派第一の事相家として知られた。寛政7年12月7日死去。87歳。武蔵(むさし)忍(おし)(埼玉県)出身。俗姓は岡野。字(あざな)は通紹。著作に「幸心流伝授手鑑(てかがみ)」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

動潮の関連キーワード東山天皇徳川家宣徳川綱吉元禄時代東山天皇徳川綱吉東山天皇徳川綱吉梅川/忠兵衛エカチェリーナ