コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勝子 かつこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

勝子 かつこ

?-? 戦国時代の女性。
織田信行の侍女婚約者の津田八弥を殺害した織田信長の家臣佐久間七郎左衛門を刺殺禁固に処せられたが救出され,三河(愛知県)岡崎の徳川家康の家臣大須賀康高にかくまわれる。しかし,このことが織田・徳川両家の争いに発展しかねないことをうれえて自害した。京都出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

勝子

生年:生没年不詳
安土桃山時代,織田信行の侍女。勝女とも。夫も信行の家臣であったが,重用されたため老臣のねたみを買い暗殺された。勝子は仇を討って逃亡し,徳川家康の庇護を受けるが,そのため織田・徳川間に開戦の風説が流れると,それをよしとせず自殺する。家康は勝子を「絶世烈婦」と讃え懇ろに葬ったと『明良洪範』は伝えている。

(真下道子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

勝子の関連キーワード中村 明石(5代目)第五福竜丸事件ビキニ[島]日本学術会議松鶴家千代菊秋沢 久寿栄跡見 玉枝女性参政権中村勘三郎後亀山天皇昭憲皇太后徳弘 太橆池田光政妻濃子内親王滋野縄子種田政明姉小路局池田光政松平光長市川房枝

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

勝子の関連情報