織田信行(読み)おだ のぶゆき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

織田信行 おだ-のぶゆき

?-1557/58 戦国時代の武将。
織田信秀の子。織田信長の弟。尾張(おわり)(愛知県)末森城主。弘治(こうじ)2年信長の家老林秀貞,柴田勝家らにかつがれて信長とたたかうが大敗し,降伏する。弘治3年(一説に永禄(えいろく)元年)11月2日清洲城にさそいだされ殺された。初名は信勝。通称は勘十郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

織田信行の関連情報