コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

織田信行 おだ のぶゆき

1件 の用語解説(織田信行の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

織田信行 おだ-のぶゆき

?-1557/58 戦国時代の武将。
織田信秀の子。織田信長の弟。尾張(おわり)(愛知県)末森城主。弘治(こうじ)2年信長の家老林秀貞,柴田勝家らにかつがれて信長とたたかうが大敗し,降伏する。弘治3年(一説に永禄(えいろく)元年)11月2日清洲城にさそいだされ殺された。初名は信勝。通称は勘十郎。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

織田信行の関連キーワード大内義長正親町天皇波多野秀治ベルナルド後奈良天皇葛山城正親町天皇スイッチOTC医薬品王直織田信忠

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone