コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勝山藩〈安房国〉 かつやまはん

1件 の用語解説(勝山藩〈安房国〉の意味・用語解説を検索)

藩名・旧国名がわかる事典の解説

かつやまはん【勝山藩〈安房国〉】

江戸時代安房(あわ)国平(へい)郡勝山(現、千葉県 鋸南(きょなん)町)に藩庁をおいた譜代(ふだい)藩。藩校は育英館。1622年(元和(げんな)8)に徳川家譜代の家臣内藤清政(きよまさ)が3万石で入封(にゅうほう)、立藩した。翌年、無嗣(むし)のまま清政が亡くなったため、一時廃藩となった。68年(寛文(かんぶん)8)、酒井忠国(ただくに)が、叔父忠直(ただなお)(若狭(わかさ)国 小浜(おばま)藩主)の領地のうち、当地と越前(えちぜん)国内合わせて1万石を分与され、当地に入封、再立藩した。以後明治維新まで9代続いた。忠国は寺社奉行に昇進して1万5000石になった(のち相続の際の分与があり1万2000石に)。1869年(明治2)に加知山(かちやま)藩と改称したが、71年の廃藩置県で加知山県となり、その後、木更津(きさらづ)県を経て73年千葉県に編入された。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

勝山藩〈安房国〉の関連キーワード安房治国平天下酒井忠胤酒井忠和醍醐新兵衛内藤清政内藤重頼内藤正勝(1)平田安房両国平

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone