コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勝平大喜 かつひら たいき

1件 の用語解説(勝平大喜の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

勝平大喜 かつひら-たいき

1887-1944 明治-昭和時代前期の僧。
明治20年8月27日生まれ。臨済宗。明治34年島根県松江市万寿寺で得度。同志社大卒業後,南禅寺の高源にまなび,大徳寺の円山要宗(まるやま-ようしゅう)の法をつぐ。月刊雑誌「東亜の合掌」を発行し,仏教にもとづく民族の協調をとく。昭和9年富山県国泰寺派の管長。昭和19年4月1日死去。58歳。島根県出身。号は悦巌,江南軒。旧姓は浅山。俗名は佐一郎。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

勝平大喜の関連キーワードもの派東京芸術大学120周年雑誌総合雑誌沖縄戦カリブ文学直木賞カッペレッティグラネライト脱ガラス化ガラス作用ゾブテンベルク岩

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone