コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勝平大喜 かつひら たいき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

勝平大喜 かつひら-たいき

1887-1944 明治-昭和時代前期の僧。
明治20年8月27日生まれ。臨済宗。明治34年島根県松江市の万寿寺得度。同志社大卒業後,南禅寺の高源にまなび,大徳寺の円山要宗(まるやま-ようしゅう)の法をつぐ。月刊雑誌「東亜の合掌」を発行し,仏教にもとづく民族の協調をとく。昭和9年富山県国泰寺派の管長。昭和19年4月1日死去。58歳。島根県出身。号は悦巌,江南軒。旧姓は浅山。俗名は佐一郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

勝平大喜の関連キーワードピッツバーグ・パイレーツカミュスタージェスもの派レジスタンス文学東京芸術大学120周年国民之友雑誌[各個指定]芸能部門バチェラー

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android