勝鬘(読み)ショウマン

大辞林 第三版の解説

しょうまん【勝鬘】

Śrīmālā〕 インドの舎衛しやえ国の波斯匿はしのく王の娘。阿踰闍あゆじや国王の妃。勝鬘経に登場する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しょうまん【勝鬘】

(Śrīmālā の音訳)
[一] インド古代の人名。舎衛国波斯匿王(はしのくおう)の娘で、嫁して阿踰闍国(あゆじゃこく)友称王の妃。勝鬘経は、釈迦牟尼の威神力を受けてこの女性が説いたもの。
※雑談集(1305)三「小乗と云は、未開会の時の事也、勝鬘(ショウマン)涅槃大論等の意」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android