小乗(読み)しょうじょう

デジタル大辞泉の解説

しょう‐じょう〔セウ‐〕【小乗】

《「乗」は車・乗り物の意。転じて、人を解脱に導く教えのこと》仏語。後期仏教の二大流派の一。大乗に比して、自己の悟りを第一とする教え。大乗側からの貶称(へんしょう)。インド・ミャンマー・タイなどがこの系統に属する。⇔大乗

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょうじょう【小乗】

hīnayāna 小さな乗り物の意〕
〘仏〙
自己の宗教的完成を優先し他者救済を軽視すること。元来は、インドで大衆部系の菩薩信仰の集団が先行した上座部系の部派仏教を批判した語。 ⇔ 大乗
「小乗仏教」の略。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しょう‐じょう セウ‥【小乗】

〘名〙 (hīnayāna の訳語。小さな乗り物の意) 仏語。後期仏教の二大流派の一つ。仏滅後、部派仏教の展開とともに、別に菩薩の道を説く教徒が起こり、自ら大乗と称し、部派を小乗とけなしたところからいう。自己の得脱を主とする声聞・縁覚の教えとされる。阿含経や四分律・五分律などの律、婆沙論・倶舎論などの論に依るもの。現在、スリランカ・タイなどの仏教は多くこの系統に属する。小法小乗仏教。小乗教。
※続日本紀‐天平勝宝元年(749)閏五月癸丑「一切大乗小乗。経律論抄䟽章等。必為転読講説。悉令尽竟
※観智院本三宝絵(984)下「小乗の懺悔はただ軽き咎をのみ失ふ」
[語誌](1)今日では小乗を南伝仏教、大乗を北伝仏教と言う。小乗(南伝)は歴史的には紀元前三世紀に成立した上座部と、同じく二世紀中頃の説一切有部があり、共にインドで生まれている。前者はスリランカや東南アジアに伝わり、後者は大乗と共に中国、日本に伝わった。
(2)日本では奈良時代の「成実論」、「倶舎論」、律、法相宗(「解深密経」「成唯識論」による。興福寺、薬師寺、法隆寺、清水寺がこの宗による)に見られる。挙例の「続日本紀」はこれである。
(3)平安時代に入って「観智院本三宝絵」の「比叡の懺法」の例は伝教大師最澄が大乗を主張し小乗を排した例である。以後日本では大乗が主流になる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の小乗の言及

【大乗仏教】より

…《般若経》《法華経》《華厳経》《阿弥陀経》などの経典群である。これらの経典のなかで,彼らは自らの新しい仏教運動を,〈あらゆる人々の救いをめざす大きな乗り物〉という意味をこめて〈大乗〉(マハーヤーナMahāyāna)と称し,従来の旧仏教を〈限られた出家者だけの小さな乗物〉という意味で〈小乗〉(ヒーナヤーナHīnayāna)と貶称した。注目すべきは,〈この経典の四行詩でも,受持・読誦(どくじゆ)・解説(げせつ)し,さらに書写すれば非常な功徳がある〉という旧仏典には見られなかった〈経典崇拝〉を強く打ち出していることである。…

※「小乗」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小乗の関連情報