勝鬘夫人(読み)しょうまんぶにん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

勝鬘夫人
しょうまんぶにん

勝鬘は Śrīmālāの訳。インドのシュラーバスティー国のプラセーナジット王の娘で,アヨーディヤー国に嫁いだとされ,きわめて聡明で,初期の大乗仏教の重要な経典の一つである『勝鬘経』の主人公として現れる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しょうまん‐ぶにん【勝鬘夫人】

インド舎衛国の波斯匿王の娘。父王にすすめられて仏陀に深く帰依し、仏陀の加被力を得て法を説いたと伝えられる。→勝鬘勝鬘経

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android