コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勝鬘夫人 しょうまんぶにん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

勝鬘夫人
しょうまんぶにん

勝鬘は Śrīmālāの訳。インドのシュラーバスティー国のプラセーナジット王の娘で,アヨーディヤー国に嫁いだとされ,きわめて聡明で,初期の大乗仏教の重要な経典の一つである『勝鬘経』の主人公として現れる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しょうまん‐ぶにん【勝鬘夫人】

《〈Śrīmālā》インド舎衛国の波斯匿(はしのく)王の娘。踰闍(あゆじゃ)国の王に嫁した。父に勧められ深く仏法に帰依したので、仏が示現して説法したという。その内容が勝鬘経とされる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

勝鬘夫人の関連キーワード在家(仏教)継松寺勝鬘

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android