コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勤倹 キンケン

デジタル大辞泉の解説

きん‐けん【勤倹】

[名・形動]勤勉で倹約なこと。仕事にはげみ、むだな出費を少なくすること。また、そのさま。「勤倹な風(ふう)を奨励する」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

きんけん【勤倹】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
勤勉で倹約につとめる・こと(さま)。 「 -貯蓄」 「平素-にして奢侈ならざれども/露団々 露伴

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

勤倹の関連キーワード硏・乾・件・倦・倹・健・儉・兼・券・剣・劍・喧・圈・圏・堅・嫌・嶮・巻・建・憲・懸・拳・捲・検・権・檢・權・牽・犬・狷・献・獻・県・眷・瞼・研・硯・絢・絹・縣・繭・肩・虔・見・謙・譴・賢・軒・遣・鍵・間・険・險・顕・顯・験・驗谷干城(たにかんじょう)佐羽吉右衛門(3代)小野田 五郎兵衛近江泥棒伊勢乞食大和 杢右衛門教化総動員運動塩原多助一代記10月31日大和杢右衛門安田善次郎小笠原良八鈴江 純浄報徳仕法勤倹尚武平沼専蔵恩田木工戊申詔書晏子春秋愛甲兼達

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

勤倹の関連情報