コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

顔延之 がんえんしYan Yan-zhi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

顔延之
がんえんし
Yan Yan-zhi

[生]太元9 (384)
[没]孝建3 (456)
中国,六朝時代文学者。臨沂(山東省)の人。字,延年。諡は憲子。宋の武帝,少帝,文帝に仕え,地方と中央を往復し,秘書監,光禄勲で退官,金紫光禄大夫を授けられた。それによって顔光禄ともいわれる。酒を好み,六朝貴族らしい気ままな言行が多かったが,文学では早くから名を上げ,謝霊運と並んで「顔謝」と称された。典故を多用し,字句彫琢を凝らす技巧的な作風で,個性に乏しいが,阮籍嵆康ら竹林の士(→竹林の七賢)を詠じて思いを述べた『五君詠』,また『秋胡詩』などが代表作。では『赭白馬賦』が有名。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

がんえんし【顔延之 Yán Yán zhī】

384‐456
中国,南朝宋の代表的詩人。謝霊運とともに〈顔謝〉とならび称された。字は延年。典故の使用がめだち,その影響をうけた詩は書物の抜書きのようになったと鍾嶸(しようこう)の《詩品》は批判する。詩作品のほか,何承天の《達性論》に反論した《釈達性論》には儒教と仏教の思想の調和がみとめられ,また《庭誥(ていこう)》は興味ぶかい家訓のひとつ。顔光禄とよばれるのは,宋の孝武帝の金紫光禄大夫となったからである。【吉川 忠夫】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

がんえんし【顔延之】

384~456) 中国、南北朝時代の宋の詩人。字あざなは延年。華麗な詩風をもって、謝霊運とともに双璧とされた。陶淵明と親交が深かった。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

顔延之
がんえんし
(384―456)

中国、南朝宋(そう)の詩人。字(あざな)は延年。本籍は臨沂(りんぎ)(山東省)で、曽祖父(そうそふ)の代に南へ移った。貧窮から身をおこし、晋(しん)・宋の交代期に遭遇して、孝武帝のとき金紫光禄大夫(きんしこうろくたいふ)に至った。酒を好み、傍若無人の性質であったので左遷されたりもした。若いころ陶淵明(とうえんめい)と交わり、その死を悼んで『陶徴士誄(るい)』を書いたことは有名(『文選(もんぜん)』に収められる)。詩風は彫琢(ちょうたく)を凝らした美しさで、謝霊運(しゃれいうん)と並べて「顔謝」の称があり、鮑照(ほうしょう)が2人を評し、「謝の詩は自然で愛すべきだが、君の詩は雕絵満眼(ちょうかいまんがん)だ」といった。長寿を保ち文壇の領袖(りょうしゅう)として重きをなすに至る。霊運、鮑照とともに「元嘉(げんか)三大詩人」とよばれる。[石川忠久]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

顔延之の関連キーワード綬を結ぶ元嘉体陶淵明陶潜双璧鮑照

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android