化の皮(読み)ばけのかわ

精選版 日本国語大辞典の解説

ばけ【化】 の 皮(かわ)

① 素性、真相などを隠したうわべの形。包み隠した体裁。
狂歌・狂歌戎の鯛(1737)「やはりその布の袋をはけの皮みろく菩薩といふはいやいや」
※歌舞伎・染分千鳥江戸褄(傾城重の井)(1868)序幕「御存じの慶政さんの外は、どの按摩さんでも上げないから、それは直に化(バケ)の皮(カハ)ぢゃわいなア」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android