コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

化女 けじょ

大辞林 第三版の解説

けじょ【化女】

けにょ【化女】

仏・菩薩が仮に女人の姿となって現れたもの。権化の女人。けじょ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

化女の関連キーワード日本のラムサール条約登録湿地宮城県大崎市古川川熊化女沼レジャーランド博多女子高等学校ラムサール条約千葉 千代世沼畑 金四郎遠藤 政次郎永末 ミツヱ文化学園大学五十嵐志保花岡 大学井上 敬三辻村 泰円當麻曼荼羅黒田 初子オヤジ女子渡辺みどり永末ミツヱ遠藤政次郎

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

化女の関連情報