蒲原(読み)かんばら

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

蒲原
かんばら

静岡県中部,静岡市東部の旧町域。駿河湾に面する。1889年町制。2006年静岡市清水区編入。蒲原丘陵が北方から海に迫り,その崖下に東西約 4kmにわたって細長く中心集落の蒲原が広がる。古代には蒲原郷があり,鎌倉時代からは東海道宿場町として繁栄。1939年東部の富士川河口付近の水田地帯にアルミニウム精錬の大工場が進出して発展。アルミコンビナートを中心に工場が進出している。また,沿岸漁業のサクラエビ,シラス漁,削り節製造のほか,ミカン栽培も行なわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

かんばら【蒲原】

静岡県中部、静岡市の富士川河口西岸にある地名。東海道の宿場町から発達。アルミ工場が立地。

かんばら【蒲原】

姓氏の一。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

蒲原
かんばら

静岡県中東部、庵原(いはら)郡にあった旧町名(蒲原町(ちょう))。現在は静岡市清水(しみず)区の東端部を占める一地域。1889年(明治22)町制施行。2006年(平成18)静岡市清水区に編入。駿河(するが)湾に臨み、JR東海道本線、国道1号が通じる。東部は富士川右岸のデルタ地帯で、アルミコンビナートが形成されている。地域の70%は丘陵地で、丘陵南端は高さ約100メートルの旧海食崖(がい)で、海岸との間の約3キロメートルの平地に町並みが続く。『延喜式(えんぎしき)』に蒲原駅とみえる。江戸時代には東海道五十三次の宿場町、また駿河と甲・信州を結ぶ富士川舟運の中継地として繁栄。身延(みのぶ)線の開通、舟運の衰退で半農半漁の町となったが、1939年(昭和14)日本軽金属蒲原工場の進出と、その後の他社工場の進出で東部は工業地帯となっている。旧東海道の道筋には本陣跡など歴史的建造物が残され、旧五十嵐(いがらし)歯科医院と志田家住宅は国登録有形文化財となっている。駿河湾のサクラエビが特産。[川崎文昭]
『『蒲原町史』(1968・蒲原町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

蒲原の関連情報