コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大宝積経 だいほうしゃくきょうMahāratnakūtasūtra

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大宝積経
だいほうしゃくきょう
Mahāratnakūtasūtra

中国,唐の菩提流支が漢訳した大乗経典。 120巻。 49会から成る独立した経典を集めたもので,法の宝の集積という意味である。『宝積経』という名は,古くから知られており,『大宝積経』の第 43会に相当するもので,『迦葉所問経』と呼ばれる経典であったらしい。安慧作と伝えられる『大宝積経論』は,この第 43会相当部分の注釈である。『大宝積経』中の第5会は,『無量寿経』に相当し,第 46会は『七百頌般若』に,さらに第 48会は『勝鬘経』に相当するというように,一貫した特色をもっていない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

だいほうしゃくきょう〔ダイホウシャクキヤウ〕【大宝積経】

《「宝積」は法の宝の集積の意》大乗経典。120巻。菩提流志(ぼだいるし)編および訳。713年完成。チベット語訳もある。大乗経典49部を集めたもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大宝積経の関連キーワード末法思想金輪際坐禅

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android