大宝積経(読み)だいほうしゃくきょう(英語表記)Mahāratnakūtasūtra

  • だいほうしゃくきょう ‥キャウ
  • だいほうしゃくきょう〔ダイホウシャクキヤウ〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中国,菩提流支した大乗経典。 120巻。 49会から成る独立した経典を集めたもので,法の集積という味である。『宝積経』という名は,古くから知られており,『大宝積経』の第 43会に相当するもので,『迦葉所問経』と呼ばれる経典であったらしい。安慧作と伝えられる『大宝積経論』は,この第 43会相当部分の注釈である。『大宝積経』中の第5会は,『無量寿経』に相当し,第 46会は『七百頌般若』に,さらに第 48会は『勝鬘経』に相当するというように,一貫した特色をもっていない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

《「宝積」は法の宝の集積の意》大乗経典。120巻。菩提流志(ぼだいるし)編および訳。713年完成。チベット語訳もある。大乗経典49部を集めたもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

大乗仏教の経典。一二〇巻。唐の菩提流志訳。四九部の大乗経典を集めたもので、実際には前の二三部は別人の訳。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android