コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

化学防御剤 かがくぼうぎょざいchemopreventer

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

化学防御剤
かがくぼうぎょざい
chemopreventer

癌の初期段階,増殖段階など各段階に応じて投与・摂取して人間が本来もっている生理的仕組みを増強させ,癌の進行を抑制する薬や食品。アメリカの国立癌研究所が新しく打出した考え方に基づくもので,臨床的・病理的に癌と認識される前の段階で癌を防ごうというものである。従来は食事を中心とする生活習慣の改善が予防策の主流であったが,それにビタミンAやβカロテンタモキシフェンなどの薬品を加えているのが特徴。現在の化学療法で用いられる細胞毒性物質は含まれていない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android