コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

化学防御剤 かがくぼうぎょざい chemopreventer

1件 の用語解説(化学防御剤の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

化学防御剤
かがくぼうぎょざい
chemopreventer

癌の初期段階,増殖段階など各段階に応じて投与・摂取して人間が本来もっている生理的仕組みを増強させ,癌の進行を抑制する薬や食品。アメリカの国立癌研究所が新しく打出した考え方に基づくもので,臨床的・病理的に癌と認識される前の段階で癌を防ごうというものである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学防御剤の関連キーワードRC購買者の準備段階チャネルの段階発売段階成長段階衰退段階教授段階律速段階現段階実用炉

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone