化石水(読み)かせきすい

日本大百科全書(ニッポニカ)「化石水」の解説

化石水
かせきすい

処女水と異なり天水(雨水)起源ではあるが、地層の堆積(たいせき)時にその中に封じ込められ、数百万年またはそれ以上も水循環から切り離されている水。「共に生まれる」を意味するラテン語のconnatusに由来し、同生水ともいう。深い堆積盆地の深部に存在することが多く、一般に無機物または有機物を大量に含み水質は悪い。石油掘削時に出会う塩水はその一例。海水起源の化石水も多い。

[榧根 勇]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉「化石水」の解説

かせき‐すい〔クワセキ‐〕【化石水】

地層が堆積したときに封じ込められ、数万年以上にわたって大気との水循環から切り離された水。海水が残存したものも含まれる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android