コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

化石燃料の起源 かせきねんりょうのきげんorigin of fossil fuels

知恵蔵の解説

化石燃料の起源

化石燃料(石油石炭天然ガス)は、数百万年前の地球上の動植物が地中に無酸素状態で埋没、高圧下で長時間かけて形成されたと考えられている。石油の起源には、無機成因説としてカーバイド起源説もあったが、今日では有機成因説が有力となっている。石油は海洋生物が、石炭は森林が、高圧下で変化したものとされる。米国の天体物理学者T.ゴールドは、地球の形成時、地球の素材になった原始星間物質中の炭素と水素の化合物が地球に閉じ込められ、それから石油が生成されたと主張するが、少数派

(槌屋治紀 システム技術研究所所長 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

化石燃料の起源の関連キーワード化石燃料

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android