コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

化膿菌 カノウキン

大辞林 第三版の解説

かのうきん【化膿菌】

化膿性炎症の原因となる細菌の総称。ブドウ球菌・連鎖球菌などのほか、肺炎双球菌・淋菌・結核菌・腸チフス菌・緑膿菌などがある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

化膿菌
かのうきん

化膿性疾患の原因となる球菌群をいう。おもな細菌は、グラム陽性のブドウ球菌Staphylococcusや連鎖球菌Streptococcusおよびグラム陰性の双球菌Neisseria(淋(りん)菌や髄膜炎菌)などである。このほか、嫌気性菌としては、グラム陽性のPeptcoccusPeptostreptococcusおよびグラム陰性のVeillonellaなどが含まれる。また、ナイセリアNeisseriaの近縁菌としてMoraxellaAcinetobacterが含まれる場合もある。[曽根田正己]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

化膿菌の関連キーワード葡萄球菌・ブドウ球菌脊髄硬膜外膿瘍化膿性髄膜炎子宮内膜炎腸チフス菌肺炎双球菌角膜潰瘍外耳道炎副睾丸炎耳下腺炎肺化膿症放線菌症急性腎炎ひょうそ心内膜炎卵巣炎乳腺炎爪囲炎膿皮症頸管炎

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android