コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

髄膜炎菌 ずいまくえんきん Neisseria meningitidis; meningococcus

1件 の用語解説(髄膜炎菌の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

髄膜炎菌
ずいまくえんきん
Neisseria meningitidis; meningococcus

オーストラリアの病理学者 A.ワイクセルバウム (1845~1920) が 1887年に髄膜炎の患者から初めて分離したグラム陰性の双球菌。個々の細胞の直径は 0.6~0.8μmで,一般にコーヒー豆あるいは腎臓を2つ並べたような配列をしている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の髄膜炎菌の言及

【髄膜炎】より

…一般的治療としては,安静にし輸液などで十分な水分・栄養を補い,高熱や痙攣に対しては対症的に解熱剤や抗痙攣剤を用いる。
[急性化膿性髄膜炎acute purulent meningitis]
 とくに髄膜炎菌Neisseria meningitidisによるものが最も多く約30%を占めるが,インフルエンザ菌(18%),肺炎球菌(16%),黄色ブドウ球菌,A群溶連菌,大腸菌などによっても起こる。髄液は混濁あるいは膿性で,多形核細胞が著しく増加する。…

【流行性髄膜炎】より

…髄膜炎菌Neisseria meningitidisによる急性の髄膜炎。日本では法定伝染病の一つであり,法的には流行性脳脊髄膜炎といわれる。…

※「髄膜炎菌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

髄膜炎菌の関連キーワードオーストラリア区オーストラリア抗原オーストラリア亜区オーストラリアンバロット西オーストラリア南オーストラリアオーストラリア室内管弦楽団オーストラリア学会オーストラリアワインオーストラリアン・ミスト

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

髄膜炎菌の関連情報