コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北ケープ州 きたケープNorthern Cape

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

北ケープ〔州〕
きたケープ
Northern Cape

南アフリカ共和国西部の州。州都はキンバリー。北でナミビアボツワナに接し,西は大西洋に面する。1994年ケープ州を分割し,北部と中央部を州域として成立。州の東半分および南西部は乾燥した内陸高地草原(ハイベルト)の一部をなし,南の州境に沿う大断層崖(標高 1900m以上)に向かって徐々に標高が上がる。北西部には砂漠地帯が広がり,一部はボツワナにまたがるカラガディ国境地帯公園に属する。州を東から西に流れるオレンジ川は灌漑に利用される。気候はおおむね暑く乾燥しており,有刺植物の草原が広がる。国内 9州のうち面積が最も広く,人口密度は最も低い。人口の約半数は混血で,黒人が 3分の1,白人が 10分の1を占める。アフリカーンス語が最も多く使われ,ツワナ語,コーサ語,英語などがそれに次ぐ。主要都市はキンバリーとアピントン。牧羊や牧牛,養豚のほか,コムギ,牧草,綿花などの灌漑農業が行なわれ,北部にはワイン用のブドウ畑も広がる。銅,ダイヤモンド,マンガンなどの鉱物資源も豊富で,キンバリーはダイヤモンドの採掘および加工の中心地としても有名。面積 36万1830km2。人口 90万2300(2005推計)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

北ケープ州の関連キーワードリフタスフェルトの文化的及び植生景観カラハリゲムズボック国立公園ケープ(南アフリカ共和国)オーグラビース滝国立公園グリクァランド・ウェストグーギャップ自然保護区グリカランドウェストビクトリアウェストアフリカスイギュウナマクア国立公園リフタスフェルトスプリングボックチュワニン鉱山テンニンチョウグロリア鉱山カーナーボンサルダニャ湾西ケープ州プリースカカルー高原

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android