コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北光正宗(ほっこうまさむね)

2件 の用語解説(北光正宗(ほっこうまさむね)の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

北光正宗(ほっこうまさむね)

長野県、株式会社角口酒造店の製造する日本酒。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

ほっこうまさむね【北光正宗】

長野の日本酒。酒名は、蔵が信州最北端にあることから、北の夜空に輝く北斗七星にちなみ命名。精米歩合39%で仕込む大吟醸酒は濃醇辛口の味わい。ほかに純米酒、本醸造酒など。平成13、26年度全国新酒鑑評会で金賞受賞。原料米は金紋錦、美山錦、しらかば錦など。仕込み水は鍋倉山の伏流水。蔵元の「角口酒造店」は明治2年(1869)創業。所在地は飯山市大字常郷。

出典|講談社
(C)Kodansha 2010.
本事典は現在流通している、あるいは過去に存在した本格焼酎・泡盛の銘柄を集めたものです。限定品や終売品、蔵元の転廃業などで既になくなった銘柄も含まれていますのでご了承下さい。それぞれの情報は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

北光正宗(ほっこうまさむね)の関連キーワード南郷大信州七福頼母鶴西之門深志鶴富士横綱美寿々錦八洲鶴和田龍

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone