コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本醸造酒 ホンジョウゾウシュ

デジタル大辞泉の解説

ほん‐じょうぞうしゅ〔‐ヂヤウザウシユ〕【本醸造酒】

日本酒で、醸造用アルコールの使用量が白米1トンあたり120リットル以下で、糖類を使用しない清酒

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ほんじょうぞうしゅ【本醸造酒】

日本酒のうち、醸造用アルコール添加量が白米1トン当たりアルコール120リットル以内の清酒。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

飲み物がわかる辞典の解説

ほんじょうぞうしゅ【本醸造酒】


清酒の特定名称の一つで、精米歩合70%以下の白米、米麹、醸造アルコールを原料とし、香味・色沢が良好なもの。醸造アルコールは白米の重量の10%以下と定められている。一般に、純米酒よりも淡麗でまろやかな味わいが特徴で、冷やにも燗にも向く。本醸造酒のなかでも精米歩合60%以下にしたものまたは特別な製造方法でつくられたものは「特別本醸造酒」と表示することができる。

出典 講談社飲み物がわかる辞典について 情報

世界大百科事典内の本醸造酒の言及

【清酒】より


[製品の表示と級別]
 現在市販されている清酒には,日本酒造組合中央会の自主規格による内容が表示されている。すなわち〈純米酒〉とは米,米こうじのみでつくったもの,〈原酒〉は搾ったのち加水しないもの,〈生一本(きいつぽん)〉は純米の原酒で自社で醸出したもの,〈本醸造酒〉は前述のアル添仕込法で製造したものであるが,在来行われていた程度のアルコール使用量以下(白米1tあたり100%アルコール120l以下)のものをいう。また,〈吟醸酒〉は60%以下の精白米を使用し,低温発酵させた純米酒または本醸造酒,〈秘蔵酒〉は5年以上貯蔵熟成させたものをいう。…

※「本醸造酒」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

本醸造酒の関連キーワードヌーベル月桂冠善光寺秘蔵酒月桂冠恒の月花ものがたりぼたんカップ金銀銅男山鬼びっくり白鶴 匠技羽陽富久鶴とくり一献大雪乃蔵牡丹正宗那須野泉箱根寒梅伊丹諸白一滴千両月桂冠葵正宗楽自慢有の川

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

本醸造酒の関連情報