コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北出塔次郎 きたで とうじろう

美術人名辞典の解説

北出塔次郎

陶芸家。兵庫県生。本名は藤治郎。矢野橋村日本画を学び、後に富本憲吉に師事して色絵磁器を学ぶ。日展審査員。芸術院賞受賞。金沢美大教授。昭和43年(1968)歿、70才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

北出塔次郎 きたで-とうじろう

1898-1968 昭和時代の陶芸家。
明治31年3月8日生まれ。石川県の九谷(くたに)焼窯元の養子となり,色絵をはじめる。大阪美術学校で矢野橋村に日本画をまなんだのち,北出家に滞在した富本憲吉に師事して色絵磁器を研究する。昭和34年日展評議員。金沢美術工芸大教授をつとめた。43年芸術院賞。同年12月12日死去。70歳。兵庫県出身。旧姓は坂本。本名は藤治郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

北出塔次郎の関連キーワード浅蔵 五十吉浅藏五十吉昭和時代金重道明

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android