コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

矢野橋村(読み)やの きょうそん

美術人名辞典の解説

矢野橋村

日本画家。愛媛県生。名は一智、別号に知道人。永松春洋に師事する。日本南画院の結成に参加、また福岡青嵐や洋画家斎藤与里らと私立の大阪美術学校を設立。南画界の重鎮として活躍し、また大阪の美術振興に貢献した。日展審査員。芸術院賞受賞。大阪府芸術賞・大阪市民文化賞受賞。日本南画院会長。昭和40年(1965)歿、74才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

百科事典マイペディアの解説

矢野橋村【やのきょうそん】

日本画家。愛媛県生れ。本名一智(かずとし)。南画家永松春洋に学ぶ。1919年直木三十五らと美術文芸研究団体主潮社を興し,1921年日本南画院の設立に参加,1924年には斎藤与里らと大阪美術学校を創立し,1946年の閉鎖まで校長を勤めた。南画作品を文展帝展などに出品し,おもに大阪で活躍した。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

矢野橋村 やの-きょうそん

1890-1965 大正-昭和時代の日本画家。
明治23年9月8日生まれ。矢野鉄山の叔父。永松春洋にまなぶ。日本南画院同人となり,大正13年私立大阪美術学校を創立。昭和36年「錦楓」で芸術院賞。39年日本南画院会長。吉川英治,長谷川伸の小説の挿絵でも知られる。昭和40年4月17日死去。74歳。愛媛県出身。本名は一智(かずとし)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android