北原秦里(読み)きたはら しんり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

北原秦里 きたはら-しんり

1785-1829 江戸時代後期の漢詩人。
天明5年生まれ。土佐高知藩士。箕浦髪山にまなぶ。江戸で菊池五山,大窪詩仏,柏木如亭(かしわぎ-じょてい)らとまじわる。梅の絵をよくし,蓮の僧霞山(かざん),桜の楠瀬大枝(くすのせ-おおえ)とともに三花盟友と称された。文政12年2月23日死去。45歳。本姓は吉松。名は成。字(あざな)は世民。通称は辰次郎。詩集に「秦里詩稿」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アイントホーフェン

オランダの生理学者。旧オランダ領ジャワ島のスマランに、陸軍軍医の子として生まれた。陸軍の給費学生としてユトレヒト大学に学び、医師となった。1886年ライデン大学の生理学教授に任ぜられ、兵役を免除された...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android