コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北君養 きた きみのぶ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

北君養 きた-きみのぶ

1821-1861* 江戸時代後期の医師。
文政4年生まれ。江戸に出,小島春庵(しゅんあん)にまなぶ。土生玄昌(はぶ-げんしょう)の娘と結婚。玄昌について眼科をおさめ,土生玄洞とも称した。安政2年郷里の佐渡(新潟県)にかえり,開業。漢詩を得意とした。万延元年12月10日死去。40歳。名は由之。号は石頑道人。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

北君養の関連キーワードル=チュルデュサルデーニャ王国ドストエフスキーファナリオテスバイロンマンゾーニボーキサイトウェーラーガルシア・モレノサルジニア王国

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android