コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北川北仙 きたがわ ほくせん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

北川北仙 きたがわ-ほくせん

1846-1922 幕末-大正時代の金工。
弘化(こうか)3年9月15日生まれ。水戸金工の3代泰山元孚(たいざん-もとたか)に師事。維新後もその伝統をまもり,明治23年銀製獅子(しし)香炉などが皇室御用となる。26年シカゴ万博に出品した純銀矮鶏(チヤボ)1対,金銅児童亀で金牌。大正11年1月7日死去。77歳。常陸(ひたち)(茨城県)出身。本名は新太郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

北川北仙の関連キーワード大正時代水戸彫弘化

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android