コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北村昭斎 きたむら しょうさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

北村昭斎 きたむら-しょうさい

1938- 昭和後期-平成時代の漆芸家。
昭和13年1月19日生まれ。父北村大通に師事し,漆芸技法や漆工品の保存修理をまなぶ。文化財の修理,復元にたずさわる一方,漆芸作家として活躍。螺鈿(らでん)技法にすぐれ,平成11年人間国宝。奈良女子短大助教授をつとめた。奈良県出身。東京芸大卒。本名は謙一。作品に「華菱文玳瑁(はなびしもんたいまい)螺鈿箱」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

北村昭斎の関連キーワード[各個指定]工芸技術部門

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

北村昭斎の関連情報