北村正信(読み)きたむら まさのぶ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

北村正信 きたむら-まさのぶ

1889-1980 明治-昭和時代の彫刻家。
明治22年1月3日生まれ。北村四海養子。明治44年文展に初入選,大正7年特選となる。昭和33年日展評議員,49年参与。大理石人物彫刻を得意とした。昭和55年4月22日死去。91歳。新潟県出身。作品に「羞恥」「ポーズ」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

僥倖

[名](スル)1 思いがけない幸い。偶然に得る幸運。「僥倖を頼むしかない」「僥倖にめぐりあう」2 幸運を願い待つこと。「生死の境の中に生きることを―しなければならない運命」〈有島・生れ出づる悩み〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android