羞恥(読み)しゅうち(英語表記)shame

翻訳|shame

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

羞恥
しゅうち
shame

自己の肉体的あるいは精神的欠陥が他人の注意の対象になっていると気づくときに出現する根源的感情。これは自己の尊厳を破壊するものとして現れるが,また自分が自己の理想に対する卑下として自己に向けられることもある。「はさまざまな工夫に富む」といったニーチェは羞恥のうちに道徳および価値の問題の核心をみている。ヤスパースは羞恥をこえることが真に実存的な哲学の始りであるというが,これは古来の「恥を知るは道を知る初め」という言葉に対応する。文化人類学者 R.ベネディクトは文化を罪の文化と恥の文化に分け,他人のおもわくと自己体面を行動基準とする日本人の文化を「恥の文化」と呼んだ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しゅう‐ち シウ‥【羞恥】

〘名〙 はずかしく思うこと。はずべきこと。はじ。恥辱
正法眼蔵(1231‐53)別輯「羞耻は是れ法明門、外悪滅するが故に」 〔春秋左伝注‐昭公二二年〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

タピオカドリンク

中国茶や紅茶などに球状のタピオカを入れた台湾発祥の飲料。「タピオカティー」とも呼ばれ、米国やアジア諸国で人気を集めている。日本では1990年代に台湾のチェーン店が進出して以来、若い女性を中心に幾度もブ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

羞恥の関連情報