北村義貞(読み)きたむら よしさだ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

北村義貞 きたむら-よしさだ

1839-1899 幕末の尊攘(そんじょう)運動家。
天保(てんぽう)10年生まれ。播磨(はりま)(兵庫県)飾東郡(しきとうぐん)小川村の農民の子。大高又次郎に師事し討幕運動にくわわる。足利氏木像梟首(きょうしゅ)事件,大和天誅(てんちゅう)組の挙兵などに参加。池田屋事件では難をのがれ,禁門の変では長州軍にしたがう。のち姫路藩士に登用され,維新後は地方官をつとめた。明治32年5月7日死去。61歳。通称は善吉。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android