コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大高又次郎 おおたか またじろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大高又次郎 おおたか-またじろう

1821-1864 幕末の武士。
文政4年12月生まれ。播磨(はりま)(兵庫県)林田藩士。兵学砲術にくわしく革の甲冑(かっちゅう)づくりを得意とした。尊攘(そんじょう)をとなえて脱藩,京都で梅田雲浜(うんぴん)らとまじわり武器調達を担当した。元治(げんじ)元年6月5日,池田屋で新選組におそわれて死去。44歳。幼名は勘助。名は重秋。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大高又次郎の関連キーワード大高忠兵衛平島武次郎北村義貞幕末武士

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android