北条氏信(読み)ほうじょう うじのぶ

美術人名辞典の解説

北条氏信

河内狭山領主。従五位下美濃守。初名氏勝、通称太郎助。氏盛の男。徳川秀忠に仕える。寛永2年(1625)歿、25才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

北条氏信 ほうじょう-うじのぶ

1601-1625 江戸時代前期の大名。
慶長6年生まれ。北条氏盛(うじもり)の長男。慶長13年8歳で河内(かわち)(大阪府)狭山(さやま)藩主北条家2代となる。元和(げんな)2年池尻(いけじり)村で陣屋建設にとりかかった。寛永2年10月24日死去。25歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android