コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北沙城漢墓 ほくさじょうかんぼ Běi shā chéng Hàn mù

1件 の用語解説(北沙城漢墓の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ほくさじょうかんぼ【北沙城漢墓 Běi shā chéng Hàn mù】

中国,河北省懐安県北沙城および懐安にある前漢代の古墓群。1941年,東亜考古学会により十数基の北沙城古墓群のうち3基が調査された。いずれも方墳で高さ4~7m,1辺20m前後の墳丘をもつ。第6号墓は地下6mに内法5.2m×2.5mの木槨を築く。南北に2棺あり北棺に昭明鏡と化粧刷毛,南棺に青銅笄とメノウ小玉が,槨内に多数の銅器,漆器,星雲鏡,帯鉤,鎮子(ちんし)などがあった。前漢末期と考えられる。7号墓は墓坑内に若干の遺物が発見されたのみである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

北沙城漢墓の関連キーワード河北省河北恒山直隷熱河竹渓開灤

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone