コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北沙城漢墓 ほくさじょうかんぼBěi shā chéng Hàn mù

世界大百科事典 第2版の解説

ほくさじょうかんぼ【北沙城漢墓 Běi shā chéng Hàn mù】

中国,河北省懐安県北沙城および懐安にある前漢代の古墓群。1941年,東亜考古学会により十数基の北沙城古墓群のうち3基が調査された。いずれも方墳で高さ4~7m,1辺20m前後の墳丘をもつ。第6号墓は地下6mに内法5.2m×2.5mの木槨を築く。南北に2棺あり北棺に昭明鏡と化粧刷毛,南棺に青銅笄とメノウ小玉が,槨内に多数の銅器漆器,星雲鏡,帯鉤鎮子(ちんし)などがあった。前漢末期と考えられる。7号墓は墓坑内に若干の遺物が発見されたのみである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android