北海道開拓使官有物払下げ事件(読み)ほっかいどうかいたくしかんゆうぶつはらいさげじけん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

1881年北海道開拓使がその官営諸工場を民間に払下げようとして中止した事件。開拓使長官黒田清隆北海道開拓 10年計画の終了にあたり,1400万円の国庫金を投下した官有物を,同郷の実業家五代友厚に 38万円,無利子 30年賦で払下げようとした。この計画は,経済的には五代と三菱岩崎弥太郎や地元函館の在地資本家との北海道権益をめぐる対立を背景として,政治的には自由民権派の藩閥政府攻撃の好材料となった。このため政府は,払下げを取消すとともに,参議大隈重信らの三菱と結ぶ反対派を罷免して政府部内の結束を固め (これを明治十四年の政変という) ながら,民権派の要求であった国会開設の詔勅を発布した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アルコール依存症

飲酒によって一時的に、不安や緊張感、気分の落ち込みなどが緩和されるが、次第に飲まずにはいられない精神状態になり、同じような酔いを得るための飲酒量が増大していく(耐性)。身に付いてしまった大量頻繁な飲酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android