コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北畠顕雅 きたばたけ あきまさ

2件 の用語解説(北畠顕雅の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

北畠顕雅 きたばたけ-あきまさ

?-? 室町時代の武将。
北畠顕泰(あきやす)の子。伊勢(いせ)(三重県)大河内(おおこうち)城を居城とし,大河内を称した。正長(しょうちょう)元年(1428)兄満雅(みつまさ)が小倉宮を奉じて挙兵した際ともにたたかったが,兄が戦死すると北朝方にくだり,将軍足利義教(よしのり)に一志(いちし)・飯高(いいたか)2郡の領有をみとめられた。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

北畠顕雅

生年:生没年不詳
室町時代の武将。伊勢国司北畠顕泰の次男,満雅の弟。大河内顕雅とも。正長1(1428)年の後南朝の反乱で兄満雅が戦死したのち,幼い継嗣教具を助けてよく国司家の命脈を維持した。永享2(1430)年4月,室町幕府は満雅の奉じた南朝の後胤小倉宮(聖承)を京都で出家させ,国司家の存続を認めた。北畠氏の旧領である伊勢国一志・飯高2郡(三重県松阪市,飯南郡)は,前年,伊勢守護土岐持頼および長野氏に給付されていたが,将軍足利義教はこれを取り戻し,改めて顕雅に安堵した。義教と国司家の間を斡旋したのは赤松満祐であった。嘉吉1(1441)年に非参議従三位に叙せられたが,同年のうちに出家している。

(西山克)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

北畠顕雅の関連キーワード北畠顕信北畠満雅三国司北畠神社大館氏清北畠顕泰北畠材親北畠教具木造俊康星合具種

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone