コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一志 いちし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

一志
いちし

三重県中部,津市中部の旧町域。雲出川中流域にある。 1955年大井村,波瀬村,川合村,高岡村の4村が合体し町制。 2006年津市,久居市,河芸町,芸濃町,美里村,安濃町,香良洲町,白山町,美杉村の2市5町2村と合体,津市となった。地名は古代からの郡名による。丘陵地が広く,一志米の産地。ほかに肉牛飼育,果樹栽培も行なわれるが,松阪市方面や津市中心部への通勤圏内にあるため,兼業化や住宅地化が進んだ。大仰 (おおのき) の誕生寺は,天台宗真盛派の開祖真盛上人の菩提寺。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

一志
いちし

三重県中部、一志郡にあった旧町名(一志町(ちょう))。現在は津市の中央東部を占める一地区。雲出(くもず)川中流とその支流波瀬(はぜ)川流域を区域とする。1955年(昭和30)大井、波瀬、川合、高岡の4村が合併、町制を施行して成立。2006年(平成18)久居(ひさい)市などとともに津市に合併。名称は古代から続く郡名によった。平地は北部の雲出川沿いに限られ、南は高見山地に続く丘陵性山地で、地域の50%が山林である。北部をJR名松(めいしょう)線、近畿日本鉄道大阪線が通る。東部を伊勢(いせ)自動車道が通り、南東端に一志嬉野(うれしの)インターチェンジがある。良質の一志米を産するほか、養鶏も盛ん。また、イチゴ、ミカン、シイタケ、木材などを産する。合併前は津、久居市の郊村として発展。住宅団地や工場、ゴルフ場が進出した。大仰(おおのき)にある誕生寺は天台真盛(しんせい)宗の開祖、真盛上人(しょうにん)の誕生寺として知られる。[伊藤達雄]
『『一志町史』(1981・一志町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

一志の関連キーワード赤目一志峡県立自然公園狂気の左サイドバック田中マルクス闘莉王春秋軒一葉(4代)白山(三重県)香良洲〈町〉嬉野[町]安濃[町]飯南[町]赤目一志峡三雲〈町〉町井友之丞一志[町]嬉野〈町〉前川 文夫美杉〈村〉白山〈町〉一志〈町〉大久保嘉人ビジターQ

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一志の関連情報