コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大河内 おおかわち

6件 の用語解説(大河内の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大河内
おおかわち

兵庫県中部,神河町西部の旧町域。市川の上流域にある。 1955年寺前村と長谷村が合体して町制。 2005年神崎町と合体して神河町となった。大部分が山地で,スギ,ヒノキの美林が多い。北部の長谷はマスの養殖地。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

おおこうち〔おほかふち〕【大河内】

姓氏の一。
[補説]「大河内」姓の人物
大河内一男(おおこうちかずお)
大河内伝次郎(おおこうちでんじろう)
大河内正敏(おおこうちまさとし)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

大河内【おかわち】

伊勢国飯高(いいたか)郡の地名で,現在の三重県松阪(まつさか)市大河内町にあたる。坂内(さかない)川が伊勢平野流れ出すところに位置。中世後期,伊勢と大和の国境近くの一志(いちし)郡多気(たげ)(現三重県津市美杉町)にこもった伊勢国司北畠氏が平野部を管掌する行政基地をおいた政治・軍事上の要地。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

おかわち【大河内】

伊勢国の地名。現在は松阪市大河内町。坂内(さかない)川が山間部から伊勢平野に流れ出す所に位置。中世後期,伊勢大和国境付近の一志郡多気にこもった伊勢国司北畠氏が,大河内および田丸に平野部を管掌する行政基地をおいたため,政治軍事上の要地として史料上に散見する。とりわけ北畠満雅の弟顕雅を祖とする大河内氏が,いわゆる三御所(大河内,坂内,田丸御所)の一つとして永禄年間(1558‐70)までここに居住し,北畠本宗家と濃密な関係を維持したため,行政上はむしろ大河内が本城の観を呈した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

おおこうち【大河内】

姓氏の一。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大河内
おおかわち

兵庫県中央部、神崎(かんざき)郡にあった旧町名(大河内町(ちょう))。現在は神河(かみかわ)町の西部を占める一地区。1955年(昭和30)寺前(てらまえ)、長谷(はせ)の2村が合併して町制施行。町名は市川上流の河谷に開けた平地を、中世に大河内荘(しょう)と称していたことによる。2005年(平成17)大河内町は神崎町と合併して神河町となる。JR播但(ばんたん)線寺前、長谷の両駅を中心として、背後に播磨(はりま)の屋根といわれる砥峰(とちみね)、峰山などの1000メートル級の高原が展開し、雪彦(せっぴこ)峰山県立自然公園に含まれている。スギ、ヒノキの林業が盛ん。[吉田茂樹]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大河内の関連キーワード伊勢白粉招福三重県松阪市伊勢寺町三重県松阪市伊勢場町三重県松阪市大石町三重県松阪市大垣内町三重県松阪市大河内町三重県松阪市阪内町三重県松阪市岩内町大阪府東大阪市河内町

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大河内の関連情報