コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北葉山英俊 きたばやま ひでとし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

北葉山英俊 きたばやま-ひでとし

1935-2010 昭和時代後期の力士。
昭和10年5月17日生まれ。昭和29年に時津風部屋に入門,同年5月初土俵。33年3月十両にのぼり,同年11月初入幕。34年7月場所小結に昇進。36年7月大関に昇進。身長173cmと小兵ながら栃ノ海,大鵬,柏戸など上位に強かった。得意手は左四つ,寄り,うっちゃり。41年引退し,年寄枝川となる。通産幕内成績(46場所)3396勝273敗,幕内優勝1回,殊勲賞1回,敢闘賞2回。大関在位30場所。平成22年7月20日死去。75歳。北海道出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

北葉山英俊の関連キーワード愛知県の要覧青森県の要覧秋田県の要覧石川県の要覧茨城県の要覧岩手県の要覧愛媛県の要覧大分県の要覧大阪府の要覧沖縄県の要覧

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone