コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北蝦夷図説 きたえぞずせつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

北蝦夷図説
きたえぞずせつ

一名『銅柱餘録』。4巻。間宮倫宗口述,秦貞廉編として安政2 (1855) 年刊行された。間宮倫宗が文化5 (1808) 年から2ヵ年にわたって樺太 (サハリン) の北端近くまで探検したおりの見聞を記録したもので,樺太先住民の風俗誌としてまとまった最初のものである。地勢,産物,居家,器械,産業,交易,冠婚,葬祭,南方初島郡,オロッコ夷,スメレンクル夷などの各部から成る。原本あるいは原本に近いと思われる写本『銅柱餘録』の挿図付図は正確で巧み,よく樺太先住民の様相を伝えているが,刊本の図は浮世絵師の筆になり,改変されて真実味を欠いている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

北蝦夷図説の関連キーワードつくばみらい市立間宮林蔵記念館間宮林蔵東韃紀行ミイラ

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android