北野廃寺跡(読み)きたのはいじあと

国指定史跡ガイドの解説

きたのはいじあと【北野廃寺跡】


愛知県岡崎市北野町にある寺院跡。矢作(やはぎ)川流域にある飛鳥時代後期の寺院跡で、県下最古のものと推定される。境内の広さは東西126.5m、南北146mと広大で、四方には土塁がめぐり、この地の権力者、物部氏が建立したといわれる。礎石と多量の布目瓦が出土し、とくに塔心礎は径2m余、柱孔85cm、一方に幅4cm弱の水抜き溝があって完全に保存されている。伽藍(がらん)配置は南大門や中門、三重塔、金堂、講堂が一直線上に並ぶ四天王寺式で、出土品の六葉蓮華文軒丸瓦(のきまるがわら)などは創建当時のものと推定されている。1929年(昭和4)に国の史跡に指定され、新たに回廊跡や僧坊跡、方形状に周囲をめぐる土塁が発掘されたので、その部分を含め、1988年(昭和63)に旧寺域全体が追加指定された。現在は史跡公園として整備されている。名鉄名古屋本線東岡崎駅から名鉄バス「北野」下車、徒歩約3分。

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android