コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

医師臨床研修制度 イシリンショウケンシュウセイド

デジタル大辞泉の解説

いしりんしょうけんしゅう‐せいど〔イシリンシヤウケンシウ‐〕【医師臨床研修制度】

大学を卒業し国家試験に合格した医師を、指定病院で実地研修させる制度。臨床医として一般的な診療で頻繁に関わる負傷や疾病に適切に対応できるように、プライマリーケアの基本的な診療能力を習得させ、また、医師としての人格を養い育てることを目的とする。研修期間は2年以上。臨床研修制度
[補説]昭和43年(1968)実地修練制度(インターン制度)を廃止して臨床研修制度を創設。この制度で2年間の臨床研修は努力義務であったが、平成16年(2004)4月に新医師臨床研修制度となってからは必修化。当初は内科、外科、救急(麻酔科を含む)、小児科、産婦人科、精神科、地域保健・医療の7科目が必修だったが、平成20年(2008)に見直され、内科・救急・地域医療の3科目が必修外科麻酔科小児科産婦人科精神科から2科目選択必修となった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

医師臨床研修制度

特定の診療科しか知らない医師が増えたことなどへの反省から、04年4月から新人医師に必修化された制度。医師免許取得後に内科、外科、救急(麻酔科を含む)、小児科、産婦人科、精神科、地域保健・医療の7部門を2年かけて回る。幅広い能力を身に着けることが目的。新制度前は、新人医師は卒業後も出身大学の医局に残って診療や研究業務を下支えしていた。新制度では研修先病院を自由に選択できるようになり、都市部や技術の高い民間病院に人気が集中し、多くの大学病院が医師不足に陥った。

(2006-03-13 朝日新聞 朝刊 千葉 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

医師臨床研修制度の関連キーワード新医師臨床研修制度初期臨床研修インターン研修医補説

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

医師臨床研修制度の関連情報