コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

医療費適正化計画 いりょうひてきせいかけいかく

知恵蔵の解説

医療費適正化計画

医療費の伸びを抑えるため国と都道府県が策定する医療費抑制計画のこと。2006年の医療改革で導入が決まり、08年4月から5カ年計画が始まる。医療費の抑制は、(1)糖尿病など生活習慣病の予防を地域で進めて25%減らす、(2)病院の平均在院日数について全国平均(36日)と最短の長野県(27日)の差を半分に縮小する、などで行う。厚生労働省はこれにより長期的に6兆円の医療費の伸びが抑えられると試算している。計画は国が基本方針を示し、これを受けた都道府県が具体的な「適正化計画」をつくる。5年ごとに実績を評価し、目安となる目標が実現しなかった場合は、次の計画に反映させる。また、実績評価の結果、診療報酬について都道府県の特例を設けることもできる。

(梶本章 朝日新聞記者 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

医療費適正化計画の関連キーワード医療制度改革(2006年)特定健診・特定保健指導総額抑制方式医療制度改革メタボ健診

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

医療費適正化計画の関連情報