医薬の神(読み)イヤクノカミ

精選版 日本国語大辞典の解説

いやく【医薬】 の 神(かみ)

医療をつかさどる神。日本では大穴牟遅神(おおあなむちのかみ)、少名毘古那神(すくなひこなのかみ)、中国では神農氏、仏教では薬師如来、西洋ではアスクレピオスとその義妹のヒギエーヤなどを祖としてまつる。治癒神。
※夜明け前(1932‐35)〈島崎藤村〉第一部「半蔵は〈略〉医薬の神として知られた御嶽の神の前に、自分を持って行かうとした」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

医薬の神の関連情報