少名毘古那神(読み)すくなびこなのかみ

精選版 日本国語大辞典の解説

すくなびこな‐の‐かみ【少名毘古那神】

「記紀」「風土記」などに見える神。神皇産霊神(かみむすひのかみ)の子(古事記)とも、高皇産霊尊(たかみむすひのみこと)の子(日本書紀)ともいう。大国主命(大汝命)と協力して国作りを行ない、温泉を開発、医療・禁厭の法を定め、後に常世(とこよ)の国に去ったとされる。穀霊的性格が推定され、酒造の神としての伝承もある。少彦名命(すくなびこなのみこと)ともいう。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の少名毘古那神の言及

【久延毘古】より

…だれもその神の名を知らなかったが,谷ぐく(ヒキガエル)は〈クエビコなら知っていよう〉と答えた。クエビコに尋ねてみると〈これは神産巣日(かむむすび)神の御子,少名毘古那(すくなびこな)神(少彦名命)です〉という。そこで神産巣日神にいうと〈まことに私の指の間から漏れ落ちた子だ〉との返事を得た。…

※「少名毘古那神」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報