十一月革命(読み)ジュウイチガツカクメイ

大辞林 第三版の解説

じゅういちがつかくめい【十一月革命】

1917年11月(ロシア暦10月)、レーニンらの指導するボルシェビキの武装蜂起ほうきによって始まったロシア革命の一環をなす社会主義革命。ケレンスキー臨時政府が倒れ、ソビエト政府が成立。十月革命。
ドイツ革命」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の十一月革命の言及

【ドイツ革命】より

…ドイツ第二帝制(ドイツ帝国)を崩壊させ,ワイマール共和国の成立で一応の終結をみた革命。ドイツ十一月革命,また〈1918‐19年のドイツ革命〉とも呼ばれる。ただし最近では,第1次大戦中から戦後にかけての大衆行動の発展に注目して,大戦期からワイマール共和国が一応の安定をみた20年ないし23,24年までを通して考えることが多い。…

※「十一月革命」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android